HOME > 会社案内 > 製品情報 > コンサルタント(コンピュータをより良く活用するために) > メンテナンス・運用支援 > ソフトウェア開発 > バージョンアップ情報 > 猫の手 > フリーウェア > リンク > Windows豆知識 > お問合せ >   (2018.04.26更新)

Windows豆知識(メモリ増設)

 今日は、パソコンのメモリ増設についてです。

 Windows Vista以降に出てきた安価なパソコンに関しては、それなりのメモリを実装するようになってきましたが、5~6年前のパソコンに関して言うと、不十分なメモリ容量のパソコンが多く販売されていたように思います。

 ビデオ再生、オーディオ再生など、パソコンに処理能力を要求する昨今、CPU性能は上げたけども、価格を安く抑えるために、メモリや、ハードディスクなど、CPU性能を発揮できない状況でカスタマイズされた製品も多くあったように思います。

 Windows-XP以降を利用されているユーザーで、パソコンの反応速度の鈍さを感じておられる場合、下記の方法で、一度メモリ容量を確認してみてはいかがでしょうか?

 【スタートメニュー】⇒【マイコンピュータ】を右クリックし、【プロパティ】を左クリック
 すると、↓のような画面が表示されると思います。これはVistaの場合

メモリ容量の確認画面

 ここに表示されるメモリ容量が512Mbyte以下の場合は、改善の余地ありです。メモリの増設を行うことによって、反応速度が格段にアップする可能性があります。画面を開くとき、マウスを動かしたとき、複数のアプリケーションを同時に動かしているとき・・・

 ストレスを感じる方は、メモリの増設を検討してはどうでしょうか? 最近は、メモリも大変安くなってきたので、数千円の投資で増設できると思います。一度お試しを。

※メモリの増設に関しては、個人の責任において行ってください。いかなる障害、損害、その他について、当社が責任を負うことはありませんので、よろしくお願いいたします。