HOME > 会社案内 > 製品情報 > コンサルタント(コンピュータをより良く活用するために) > メンテナンス・運用支援 > ソフトウェア開発 > バージョンアップ情報 > 猫の手 > フリーウェア > リンク > Windows豆知識 > お問合せ >   (2018.04.26更新)

Windows豆知識(パソコンの掃除)

 今日は、パソコンのお手入れについてです。
 基本的にあまり手入れのすることの無いパソコンですが、せいぜいモニタを拭いたり、キーボードをきれいにしたりと、利用するユーザーによってまちまちだと思います。

 パソコンをきれいにする上で用意するのは、OA用のエアスプレイと、OA用のウェットティッシュなどがあれば簡単にです。

【キーボード】
  隙間にはいったほこりなどをエアスプレーでびゅ~っと吹き飛ばし、ウェットティッシュで吹きます。強く拭いて水滴などが落ちないように注意してください。

【マウス】
  最近は光学マウスが多く、手入れの必要もないかもしれませんが、ボールのマウスは滑りが悪い場合、裏側のねじをはずして、中のほこりや、こびりついたよごれをふき取ると、滑りがよくなります。意外と気にせず使っているユーザーさんが多いです。

【モニタ】
  注意深くウェットティッシュで拭いて、そのあと乾拭きしてください。

【パソコン本体】
  全体的にほこりをOAスプレーで吹き飛ばし、排熱FANのフィルタ部分を掃除機で吸い取ってきれいに。この際、電源コンセントはかならず抜いてください。 このケースから排熱するところの吹き出し口。
ほとんど掃除することがありませんが、夏場は非常に危険です。ほこりなどで排熱できずに、熱暴走を起こすケースが今年は多いです。
  また、本体ケースの排熱する側を壁にくっつけたりすると非常に危険ですので、注意してください。
悪くすれば、パソコンは壊れます。

 掃除する際は、必ず本体電源やモニタの電源コンセントを抜いて行ってください。また、水滴や、本体基盤などに注意して行ってください。パソコンが壊れるようなことが無いように、自己責任で行ってください。
  しかし、手入れをしなければ、パソコンの寿命は短くなります。