HOME > 会社案内 > 製品情報 > コンサルタント(コンピュータをより良く活用するために) > メンテナンス・運用支援 > ソフトウェア開発 > バージョンアップ情報 > 猫の手 > フリーウェア > リンク > Windows豆知識 > お問合せ >   (2018.04.26更新)

ウィルスバスターの更新について

 ウィルス対策として、ウィルスバスターや、NTTが提供するウィルス対策ソフト(内容はウィルスバスターと同じ)をお使いのユーザーが多くみえると思いますが。

 このウィルスバスターは、パターンファイルや、プログラムの一部を随時更新しています。普段は自動更新を行っているため、あまり気にしていないと思いますが、ウィルスバスターのバージョンによって、有効期限があります。これは、契約を更新していても、同じです。古いバージョンのウィルスバスターは、いずれ利用できなくなります。また、サポートも終了してしまいます。

 ウィルスバスターのバージョンは、1年に1度かわりますが、サポート期間は、約3年ほどで終了します。ですから、サポート期間が終了する前に、ウィルスバスター本体をバージョンアップする必要があります。ウィルスバスターのバージョン別のサポート期間終了期限については、トレンドマイクロのホームページで公開されていますので、一度ご確認ください。

 同じように、他のウィルス対策ソフトに関しても、バージョンアップが必要になる場合があると思います。一度ご確認されると良いと思います。