HOME > 会社案内 > 製品情報 > コンサルタント(コンピュータをより良く活用するために) > メンテナンス・運用支援 > ソフトウェア開発 > バージョンアップ情報 > 猫の手 > フリーウェア > リンク > Windows豆知識 > お問合せ >   (2018.04.26更新)


原価管理・電子納品支援のご案内

 当製品は、測量・建設コンサルタント向けに開発した営業管理・業務原価管理システムです。
  総務・営業・技術の各部門、部署でここに管理されている処理を1つにまとめることにより、社内で統一した書式となり、次元も同じで見ることができるため、全社共通の情報を共有することができます。
  業務や日報の入力を分散させる事により、スピーディーに入力を行い、業務名などの同じ入力を避けることによって省力化を図ることができます。
  利用に関しては、ユーザーごとに利用権限を設定できるようにしていますので、新入社員や臨時採用の方にも安心して使っていただくことができます。
  当製品は、Windowsの特徴であるGUI環境を活かして、誰にでも分かり易く、様々な処理を共通の操作で行えるインターフェイスを採用しております。

1.入札見積台帳・民間契約台帳の入力

<入札見積台帳>
・公共工事に関して、指名入札、一般入札、見積の提出を行った際に 業務の元となる情報を登録します。
・発注者、入札業者、落札金額、工程、入金、担当者、業務内訳の各 情報を入力します。
・この情報は業務が完了するまでの間、変更、修正が可能です。
・業務内訳額を入力する事によって、各部門に分類 して業務実績調書 として出力する事ができます。

<民間契約台帳>
・民間工事や社内業務(経理・営業・各活動)、開発等に関する登録 を行います。
・画面1、2で入力した工事の基本データを元に予算の振り分けを 行い、業務原価(社内・社外)の入力 を行います。
・これらの入力された情報により原価管理を行い、最終的に業務台帳 を作成して業務の評価とします。

2.入札情報の印刷

 入札見積台帳・発注者別入札結果・事業別入札結果・民間契約台帳を印刷します。

3.業務実績調書の印刷

見積台帳を入力した際の業務内訳額を元に官公庁へ提示する様式で業務実績調書を作成します。

4.部署配分費・部署別実行予算の入力

・工事の契約額に対して各部署に振り分ける予算配分を入力します。これは各部署で業務を行う上での実行予算の総額となります。
 また各部署の原価率の計算もここで振り分けた金額と業務原価によって算出されます。

5.部署別実行予算の入力

 4で入力した部署配分費より各部署の実行予算の内訳を入力します
 入力に関して、作業種・費目の項目はあらかじめ登録されたテンプレートを指定する事でスピーディーに入力する事ができます。

6.日報・外注費の入力

<日報の入力>
・日報の入力は、各社員で入力を行うことができます。
・入力されたデータは月末処理を行うまで何度でも更新する事ができ ます。
・作業種については、5の部署別実行予算で指定したテンプレートの 作業種が適用されます。

<外注費の入力>
・外注費の入力を業務番号別に行います。
・ここで入力するのは1ヶ月分の外注金額となります。

7.部署別売上高の入力

・売上ベースでの当月売上高  (部署売上高・社内、社外売上高)を入力します。
・あわせて各部署での業務の進捗を入力し、全部書が 「完了」となった時点で業務の完了となります。

8.原価計算

ここまでで入力したデータを元に原価計算を行います。

全体の処理フローの流れ